« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月

南大門の通り抜け

今年の4月から、南大門の下を通り抜けることができるようになりました。Dsc04059

もちろん、通れる時間は決ま っていますが…。

一般の人が南大門を通ることができるようになったのはおよそ百年ぶりのことなんだそうです。

以前は南大門の近くによることすらできませんでした。

南大門はロータリーの中心にあって、回りをものすごい勢いで車が走っていたからです。

昨年、南大門を取り囲むように公園ができました。なので、南大門のすぐ近くまでは行くことができるようになったのです。

ただし、柵がしてあって、やはり門に近づくことはできませんでした。

 

というわけで。さっそく南大門の通り抜けをしてきました。

人が通るところはちゃんとマットが敷いてあります(笑)Dsc04060

 

 

 

 

南大門越しに見るソウルの町並み。Dsc04073

昔は、南・西・東のいずれかの大門をくぐらないと都に入ることができませんでした。(北の門は王宮の裏に位置し、中国からの使者が入国する時にのみ使用し、ふだんは使われていなかったそうです)

 

 

 

余談ですが、『王の男』という韓国映画があります。(日本でも来年早々に公開される予定)

その映画のなかで、都に上京してきた主人公2人が、南大門を通り抜けながら、天井の絵を見つめる、というシーンがありました。Dsc04071Dsc04063

 

 

 

 

後ろから見た南大門。今まではこんな近くから見ることのできなかったアングルです(笑)Dsc04082

 

 

 

 

 

少し地面が掘り下げてあって、門の基礎を見ることもできます。Dsc04070

 

 

 

 

南大門前広場の移り変わり。

05年8月。広場は完成していましたが、門の近くに行くことはできませんでした。Dsc05134

 

 

05年12月。改修工事中。通り抜けに備えて、天井画などの修復をしていたものと思われます。Dsc07721

 

 

06年2月。改修工事は終わっていましたが、まだ門の前に柵がしてあり、通り抜けはできませんでした。Dsc01367

 

 

 

ちなみに、時間によっては、門番の兵士の交代式を見ることもできます。Dsc07752

| | コメント (0)

ロケ地の宝庫

ここは 南山公園(남산공원)です。

ソウルの中心部に位置する南山の中腹にあります。

南山といえばソウルタワーですが、今回はソウルタワーには行かず、公園の方に行きました。

南山公園はロケ地の宝庫です(笑)

 

というわけで。まずは南山植物園(남산식물원)の前の道から紹介します。

ここはハン・ソッキュ主演の『二重スパイ(이중간접)』で出てきました♪

ハン・ソッキュとコ・ソヨンが並んで記念撮影をしたのがこの場所です。Dsc04147

 

 

 

  

 

映画に出てきたような、記念写真撮影屋のおじさんもいました。Dsc04113

 

 

 

 

  

 

続いて、イ・ビョンホン&チェ・ジウ主演のドラマ「美しき日々(아름다운 날들)」

ドラマ終盤の山場である、結婚式のシーンはここで撮影されました。Dsc04185

 

 

 

ナレと、ウエディングドレス姿のヨンスが、2人で手をつないで駆け上った階段です。Dsc04120Dsc04115

 

 

  

さらにイ・ドンゴン&キム・ハヌル主演のドラマ「ガラスの華(유리화)」

イ・ドンゴンとキム・ハヌルが「南山公園で会おう」と約束した場所がここ(笑)Dsc04187

 

 

 

 

下の道から公園に上がる階段は2本あり、植物園の正面の階段が「美しき日々(아름다운 날들)」、植物園を背にして右側にあるのが「ガラスの華(유리화)」の撮影に使われた階段です。

 

ちなみに…植物園の中にはサボテンがいっぱい♪Dsc04156Dsc04149

 

 

実はサボテンマニアなきまぐれかもめにとっては、感激ものでした。

 

なお…ここを訪れた日は、この春一番の黄砂の日でした。

なので、南山公園から眺めたソウル市内は、黄色く煙っていました…。Dsc04184

| | コメント (0)

クムジャさんち

映画『親切なクムジャさん(原題:친절한 금자씨)』でクムジャさんが住んでいたアパートを見に行きました。

地下鉄4号線の「会賢(회현・フェヒョン)駅」から南山公園へ向かう坂道を登りきったところにあります。

名前は「회현 시범(フェヒョンシボム)」アパート。Dsc04095

 

 

もちろん、撮影に使われたのは外観だけで、部屋の内部はセットです。

写真で見てもわかるように、かなり老朽化した建物です。なので、今年中に取り壊される予定なんだとか。Dsc04096

 

 

 

こんな細い階段を駆け下りるシーンもありました。ただし、この写真に写っている場所が実際に撮影に使われたかどうかは?です…。

Dsc04093

 

 

  

 

 

ラスト近くでクムジャさんの娘、ジェニーが雪の中を裸足で歩いていく橋は、ここなんだそうです。Dsc04094

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

華城行宮(ファソンヘングン) その3

今日は華城行宮で見つけた、こまごまとした物を集めてみました。

 

これは樹齢600年という大ケヤキの木です。かなり剪定されているので、一見したところ貧相ですが、根元はかなりの太さがありました。Dsc02057

 

 

 

この木に、願い事を書いた紙を結びつけると、その願いがかなうそうです。なので、たくさんの願い事が結び付けられていました。

もちろんきまぐれかもめも…。日本語で書いてしまったけど通じるかな? Dsc02055

 

 

 

王様の輿。狭いし固そうだし…というわけで、かなり乗り心地は悪そうです(笑)

さらにそのとなりの屋根つきのものは王妃の輿。これもまた狭そうなので、閉所恐怖症の人だったら大変だったでしょうね~。 Dsc02056

 

 

 

王の玉座。 景福宮のものと比べるとこじんまりしています。

いすの高さも低いし…。Dsc02069

 

 

 

オンドルの焚口。普通はかまどの排熱を利用して部屋を温めるのですが、それだけでは追いつかないので、ここで薪を燃やして、その熱で部屋を温めたんだそうです。Dsc02085

 

 

 

もちろん、排気のための煙突もあります。Dsc02089

 

 

宮廷で使われていた楽器もありました。Dsc02156

 

 

よくよく見ると…?これってかもめかな?Dsc02158

 

 

 

| | コメント (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »