« 猟奇的な… | トップページ | 韓国民俗村紀行 その1 »

韓流・韓服を着る展

今年四月、ソウル市立美術館で「韓流・韓服を着る」という展覧会が開かれていました。Dsc03814

ちょうど開催期間中に韓国へ行ったので、見てきました。

 

展示は2つのコーナーに別れていて、その1はドラマや映画の撮影で実際に使われた衣装の展示、その2はいろいろな韓服の紹介となっていました。Dsc03822

 

 

韓国の面白いところは、博物館や美術館内での写真撮影可、という所です。

もちろん、撮影厳禁なところもありますけど…。そういうところはちゃんと撮影禁止の表示がされています。

だから、撮影禁止マークがついてなければ撮影OKです(笑)

というわけで…しっかりと写してきました。

 

その1の部屋は、映画『王の男(왕의남자)』『淫乱書生(음란서생)』 ドラマ「チャングムの誓い(대장금)」「宮()」の4作品の衣装が展示されていました。

きまぐれかもめは、「宮」以外の作品を見たことがあるので、大感激(笑)

「宮」も、韓国滞在中にテレビで、ほんの一部見ましたが…。

 

まずは「大長今」

これはイ・ヨンエが実際に着た衣装です。

見習い女官時代の緑色の制服です。ヨンエさんってすごくスリム(笑)

かなり細身の服でした。Dsc03819

 

 

「大長今」の称号を授けられた医女チャングムの制服と、王と王妃の服。Dsc03823

 

 

 

チャングムのとなりには淑媛ヨンセンもいます。Dsc03825

 

  

続いて『王の男』

チャンセン(カム・ウソン)とコンギル(イ・ジュンギ)が王と側室を風刺した劇を演じたときに着ていた衣装。Dsc03837

 

 

 

 

王の寝室セット。

コンギルが影絵を演じて見せた行灯も…。Dsc03842

 

 

なお、この『王の男』は、早ければ今年の秋口ごろ、日本でも公開されるそうです。

韓国では、史上最高の観客動員を記録しました。

 

続いて『淫乱書生』

これは…ハン・ソッキュ主演♪の作品です(笑)

黒を基調とした衣装を中心に展示してあったのですが…展示スペースも真っ黒(苦笑)

なので、なんだか真っ暗~。Dsc03847

 

 

マネキンに着せるだけではなく、こうやって吊るして展示してあるものもありました。Dsc03848

 

 

さらに、この会場では、映画やドラマの撮影に使われた衣装と、同じデザインの服を実際に着ることもできました。

もちろんきまぐれかもめも…『王の男』のコンギルになりきって遊んできました(笑)

 

その2の部屋の片隅にはなぜか『スキャンダル』(ペ・ヨンジュン主演作品)の衣装もひっそりと展示されていました(笑)Dsc03908

 

 

天井から吊るされているのはポシャギといって、韓国の伝統的な手工芸です。Dsc03910

 

 

色使いがとても鮮やかです。Dsc03900

 

 

このクマは…チャングムとミン・ジョンホ(のつもり)みたいです。Dsc03920

|

« 猟奇的な… | トップページ | 韓国民俗村紀行 その1 »

「旅行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 猟奇的な… | トップページ | 韓国民俗村紀行 その1 »