« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月

梨泰院想い出紀行

この前韓国にいったとき、梨泰院(イテウォン)を訪れてみました。

梨泰院は、明洞から見ると、南山をはさんだ反対側に位置する街です。

近くに米軍基地がある関係で、どこかアメリカ風な趣があったり、外国人を相手にした骨董品を扱う店がたくさんあったりする街です。Dsc03589 

 

  

 

何で梨泰院かと言うと…。

実はきまぐれかもめが初めて韓国に来た時、泊まったホテルがあったのが梨泰院だったから、です(笑)

初めての韓国で、何にもわからずに歩き回った思い出の街(?)を、再び訪れてみよう、と思い立ったのです。 

 

ここが初めての韓国で泊まった「イテウォンホテル」Dsc03625

その当時は、なにがなんだかさっぱりわからなかったのですが、こうやって改めて見直すと、結構立派なホテルだったようです(笑)

部屋は割と上のほうの階だったので、とてもいい眺めでした。

 

  

 

ここは初めて日本へのはがきを出した郵便局(笑)Dsc03634

 

  

 

こんな急な階段に怖気づいたりもしました…(苦笑)Dsc03613 

 

 

 

 

 

初めての韓国で、本場の骨付きカルビ(笑)を食べた店がここにありました。残念ながら、今は別の店になってしまっています…。Dsc03599 

 

  

 

こんなトイレにまで感激してしまったことをよく覚えています(笑) Dsc03633 

 

 

  

 

実は、その当時は、きまぐれかもめはそこまで韓国語はよくわかっていませんでした。

一応ハングルを読むことはできたのですが、「」と言う文字を見て、「」がKで、「」がAだから…この字は「か」と読むんだった!程度の実力(苦笑)

もちろん、簡単なあいさつや、何かを注文する程度の韓国語しか話せませんでした(もっとも、いまだに会話は上達していませんが…)

なので…。表通りからほんの少し奥の路地に入ると、なんだか怖かったのです(苦笑)

今だったらどーってことの無い、普通の街なのですが、当時はすべてが未知の世界(笑)

その時に、ここらを歩いたのは日暮れ時…。街が薄暗くなると同時に、恐怖がこみ上げてきて早々に退散したと言う、なんともいえない思い出もあります。Dsc03609Dsc03603 

 

 

 

ちなみに、この梨泰院には、日本人観光客を相手にした「完璧なニセモノ(笑)」ショップが軒を連ねている一角があります。

流暢な日本語を話す、店番あじょっしが手ぐすね引いて待ち構えていて、日本人と見ると「完璧なニセモノあるよ!」だの「何でもそろってるよ!」だの言って、必死に客引きをするのです(笑)

ですが…。店番あじょっしは、なぜだかきまぐれかもめには日本語で声をかけてくれません。韓国語で話しかけてくるのです(笑)

初めて韓国に行った当時は、ちゃんと「ニセモノあるよ~♪」って声をかけられたんですけど…。それから何年かの間に、きまぐれかもめはすっかり「完璧なニセ韓国人」へと変身してしまったみたいです(笑)

前は、日本人を相手にしている商売人には「コイツは日本人だ」って見抜かれてしまっていたのですが、最近は、そんな商売人の目もごまかせる位、すっかり溶け込んでしまっています。

 

おまけ。

梨泰院には、有名なロケ地があります(笑)

階段を上りきった先にある「イテウォンランド」と言う健康ランドがそれ。ドラマ「パリの恋人」のロケに使われたんだそうです。

ただし、現在は閉鎖されてしまっている模様です。Dsc03591 

この「イテウォンランド」ができる前に、ここに建っていたナイトクラブは、ドラマ「ハッピートゥギャザー」のロケに使われたそうです。

 

そういわれてみれば、確かにこの階段のてっぺんに、チョン・ジヒョンが立っていました(笑) 

| | コメント (2)

韓国民俗村紀行 その10

しばらく間があいてしまいましたが…。久しぶりの韓国民俗村紀行です(笑)

この川には、チャングムに出てきた橋をはじめとして、いろいろな伝統的な橋がかけられています。Dsc03521

 

 

 

丸太橋、木の橋、石造りの橋…。どの橋にも「すべり易いので足元に注意」という注意書きが添えられていました。

川のほとりには東屋もあります。Dsc03522

 

 

 

 

 

川には渡し舟やいかだが…。ただし、この船に乗っている人たちは蝋人形です(笑)Dsc03526Dsc03527 

 

 

 

韓国の伝統的な遊びである、「그네뛰기(クネトゥギ:ブランコ遊び)」用のブランコもあります。

手前にある大きなブランコに乗って、実際にこいで見るとかなり高く上がります。はっきり言って怖いです(苦笑)Dsc03525

 

 

 

春のうららの…。

ここはゆっくりとした時が流れていました。Dsc03530

| | コメント (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »