« ロケ地はナマモノ | トップページ | 謹賀新年 »

変わりゆく街

「ロケ地はナマモノ」という言葉通り、日々目まぐるしく変わっている韓国では、おなじみのロケが次々と姿を消していっています。

『八月のクリスマス』のラスト近くに登場した「中区区庁」も改修工事を経てこんな姿に…。Dsc00650

 

 

 

今までは駐車場だったところ(駐車違反取り締まりの車も止まっていた)が、市民の憩いの場といった感じの緑地広場になってしまいました。

もちろん映画に登場したスロープ(ハン・ソッキュが通りかかった職員にシム・ウナの転勤先を訪ねていたシーン) は跡形もありません。Dsc00656

 

 

 

『八月のクリスマス』というのは10年近く前の作品ですから、つい最近までロケ地がそのまま残っていた、というほうが奇跡だったのかもしれません。

でもなんか悲しい…。

ちなみにこれが改修工事前、最後の姿。05年12月に撮影しました。Dsc08712 

 

 

 

 

八月のクリスマス 八月のクリスマス

販売元:キングレコード
発売日:2005/05/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« ロケ地はナマモノ | トップページ | 謹賀新年 »

「ロケ地めぐり」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ロケ地はナマモノ | トップページ | 謹賀新年 »