« 2008年7月 | トップページ | 2009年4月 »

2008年9月

朝ドラ「瞳」の世界へようこそ(4)

あっとゆー間に朝ドラ「瞳」も最終回です。

だから(?)残りのロケ地を一挙紹介(笑)

 

西仲橋の全景。Dsc07180  

 

 

 

 

この西仲橋を渡るシーンは何度も登場しました。瞳の仲間たちが月島に来るときは必ずこの西仲橋を渡っていたのです。どうやら、月島駅ではなくって勝どき駅をいつも利用していたようです(笑) Dsc07206 

  

 

 

「瞳」と言えばこの場所がすぐ浮かんでくるくらい、何度も登場した川のそばの遊歩道=隅田川テラス。ここでいろいろと話をしたり、トレーニングをしたり…。Dsc07201Dsc07198

  

 

 

「長屋の花見」会場。実際にはこの場所には桜の木はありません。撮影時には桜の造花がカメラの前に設置されていました(笑)Dsc07037 

 

 

  

瞳のダンス仲間の由香が、初めて月島に来た時に感激していた風景。Dsc07197

 

 

 

  

 

由香はこのお店でお詫びの佃煮を買っていました。Dsc07196 

 

 

 

   

 

ダンス仲間と合宿したときに、打ち上げと称して乗せてもらった遊漁船。Dsc07438

 

  

 

瞳と萌がダンスを教えに行った幼稚園。月島お元気クラブと幼稚園児との交流会の会場でもありました。 Dsc08071

  

  

  

 

瞳と萌が「瞳ダンス教室」のチラシを配っていたところ。Dsc08143

  

 

   

瞳の父、長瀬の会社がある建物の外観。事務所は神田にある、という設定でしたが、ロケ地は月島です(笑)Dsc08152 

 

  

 

 

熱を出した長瀬を、瞳が家まで送るときに通った道。ちなみに長瀬事務所のある建物すぐ近くです。Dsc08364 

 

 

   

長瀬のアパート。もちろんここも月島(笑)長瀬事務所のすぐお隣です。Dsc08365

 

  

 

月島、西仲通り商店街のとある本屋さんの店先。瞳のポスターと、住吉神社の例大祭のポスターが貼られていました。左から2枚目の、モノクロの例大祭ポスターは、長瀬がデザインしたものとしてドラマで使われていました。Dsc08142 

| | コメント (0)

朝ドラ「瞳」の世界へようこそ(3)

朝ドラ「瞳」も、残すところあと2回になってしまいました。

だから大急ぎでロケ地の紹介(笑)

 

里子の将太が家出をした時、瞳たちが探し回っていた路地と、聞き込みをした駄菓子屋。Dsc05675Dsc05673  

 

 

 

 

たびたび登場した、西仲橋。Dsc05659 

 

 

 

 

 

ローズママの店「ROSE」の外観。もちろんこんなところにお店はなく、看板や観葉植物は撮影用の小道具です。Dsc05690 

 

 

 

里子の明と友梨亜が通う「月島南中学校」として登場した、中央区立佃中学校。Dsc05761 

 

 

 

20歳の里親になった瞳が、子供たちとの接し方について悩んでいた公園。Dsc05759 

 

 

 

進路について悩む明が、勉強をさぼって遊んでいたゲームセンター。Dsc06917 

 

 

 

時々登場した、小さな交番と高層ビル(聖路加タワー)のある風景。Dsc07087

| | コメント (0)

朝ドラ「瞳」の世界へようこそ(2)

今日は、ヒロイン・瞳のバイト先でもある築地界隈のロケ地を紹介します。

 

バイト先へ向かう瞳が、自転車に乗って走りぬけて行った道。ドラマの設定では4月、ということでしたが、実際にロケが行われたのは11月だったので、奥に見えている銀杏の木がきれいに色づいていました(笑)Dsc05740Dsc05744

 

 

  

  

 

バイト先の「森本食堂」は、この角を曲がった先にあるみたいです。Dsc05745

  

 

 

  

 

「石田商店」のモデルのような、 鰹節の専門店です。前を通ると鰹節の香ばしいにおいが漂ってきます。Dsc06914 

 

 

 

築地界隈を案内した時に、一瞬だけ登場した築地本願寺。Dsc05758 

 

 

 

築地本願寺の境内を通り抜けた時に、背景に写りこんだ鯛の絵のある建物。SNSの瞳ファンコミュで、あの建物は一体…?と話題になっていました(笑)Dsc05558_2

実はここ、築地にあるビジネスホテルなのでした。

そしてこのタイには実は ヒミツがあって…。

  

   

 

何と、暗くなると目の部分が光るのでした(爆)Dsc05356

| | コメント (0)

朝ドラ「瞳」の世界へようこそ(1)

現在放送中の、NHKの朝の連続テレビ小説「瞳」Dsc05555 Dsc05367

 

 

 

 

 

残すところあとわずかとなってきましたが、瞳のロケ地いろいろを紹介したいと思います。

ドラマの舞台は、東京都中央区の月島・佃界隈。

超高層マンションと昔ながらの長屋や路地が共存する、下町の雰囲気が残っている町なのです。

今年は、佃にある住吉神社の、3年に一度の例大祭でした。町中が祭り一色に染まり、熱気にあふれた夏の日でした…。

もちろん、ドラマの中でもその例大祭が取り上げられるそうです。

 

とゆーわけで。

月島や佃のロケ地いろいろ。

一本木用品店があるという設定になっているあたり。ドラマ内の一本木家は「月島5丁目」という住所になっていますが、もちろんこれは架空の地名です(月島は4丁目までしかない)Dsc05518Dsc05582

 

  

 

ドラマ内によく登場した、路地から西仲通り商店街(もんじゃ通り)を望む、アングル。Dsc05554

 

 

 

  

 

場面転換に多用される、勝鬨橋から月島・佃界隈を望むアングル。 Dsc05592 Dsc05580

 

 

 

 

ドラマ内にたびたび登場する神社=住吉神社。Dsc05604 

 

 

 

瞳が一人でダンスを踊っていた場所。Dsc05525 

 

 

 

たびたび登場する赤い小さな橋=佃小橋。Dsc05531  

 

 

 

ここも瞳がダンスを踊っていた場所。一瞬だけ写りこんだ「パリ広場」という看板ですが、これは撮影用の小道具ではなく、実在のものです。Dsc05616Dsc05618 

 

  

 

隅田川の見える場所。勝太郎が一人たたずむ場面などに登場しました。「花火禁止」の看板もちゃんと存在します。Dsc05589 

 

 

  

家出をした里子の将太を探して、瞳たちが走り回っていた川べり。Dsc05512 

 

 

 

将太が一人で隠れていた船のあるところ。Dsc05489  

 

 

 

たびたび登場する、橋の見える広場。Dsc05622

| | コメント (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2009年4月 »