« HEROのアジトはいずこ?? | トップページ | 太王四神記・高句麗鍛冶屋村への旅 その1 »

泣きっ面にハチってこーゆー気分(涙)

昨年の11月に韓国に行ったときのことです。

相変わらず、風の向くまま気の向くままで、あちこち放浪して回っていました(笑)

ですが…。

滞在2日目、バスから降りるときに思いっきり足首をひねってしまったのです。

実はきまぐれかもめ、右足にネンザ癖があります(←ずっと前に足首が変形するくらいひねった前科がある)

なので、ちょっとした段差で(←段差がない場所でも…汗)すぐ足をひねってしまうのです。

だからいつも用心しながら歩いているのですが…。

バスを降りようとしてステップを踏み外し、バキッ!っていやな音がはっきりと聞こえてしまうくらいひどく右足をひねってしまいました。

しばらくその場から立ち上がれないくらいの強烈な痛みに襲われました(←でもそのままだと車に轢かれてしまう可能性大なので、とりあえず歩道には這い上がりました)

当然のことながら、次の日の朝起きたら足首が倍に腫れ上がっていました(涙)

 

…だけど、そこでくじけないのがきまかも流(爆)

痛む足を引きずりながら(鎮痛剤を飲んだ上で…)いそいそとロケ地めぐりに出かけてしまいました(笑)

 

しかし…。

目的地について、写真を撮ろうとしたら、カメラの様子が何かヘンです(汗)

電源は入るのですが、ピントは合わないし、シャッターを切ると、心霊写真みたいな怪しい写真になってしまうのです。

おそらく、前の日にネンザしたとき、カメラを地面にたたきつけてしまって、足と一緒に故障してしまった~(汗×100)ってそのときは思いました。

でも、朝のうちはだましだまし、何とかまともな写真を取ることができました。

良くみると隅っこのほうがにじんではいますけど(涙)Dsc00022 

 

 

 

そんなこんなの、泣きっ面にハチ状態で出没したのは、ハン・ソッキュ様の映画『愛するときに話すこと』に登場した、薬局(の跡地)です。Dsc00029Dsc00025

 

 

 

映画撮影当時は、薬局が営業中だったそうなのですが、その後廃業したらしく、どこかの会社の倉庫になっていました。

でも、薬局の雰囲気はそのままです。

映画に写りこんでいたお向かいの店(ローリー車つき)はそのままでした。Dsc00027

 

 

 

ですが…。

カメラの状態は悪くなる一方です(涙)Dsc00038 Dsc00047

仁寺洞の街並みを写したら、だんだんにじみがひどくなってきました…。 

 

 

清渓川は、この世のものとは思えないような、不気味な風景に…(汗)Dsc00056

 

 

 

心霊写真ではなく、部屋のテレビを写したものです(爆)Dsc00089

  

 

 

結局、このあとカメラは回復することはありませんでした。

ついでに足も…(←薬局でシップ薬と包帯を買って、一応手当てはしていましたが…)

 

後日談。

とりあえず海外旅行保険で修理代がまかなえることを確認したうえで、メーカーに問い合わせてみたところ…。

 

お客様のカメラはリコール対象製品なので、即部品の交換をさせていただきますだとさ~(苦笑)

大山鳴動ねずみ一匹、ってな気分。

とゆーか、リコールだったらもっと早く言え、って。 

預けた3日後には無事修理完了で戻ってきました…。

 

そんなこんなの、泣きっ面にハチ旅行です(涙)

めちゃ消化不良だったから、そのうち絶対にリベンジしてやる~~~~~!!!

愛するときに話すこと [DVD] 愛するときに話すこと [DVD]

販売元:ジェネオン エンタテインメント
発売日:2008/02/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

|

« HEROのアジトはいずこ?? | トップページ | 太王四神記・高句麗鍛冶屋村への旅 その1 »

「ぼやき」カテゴリの記事

「ロケ地めぐり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« HEROのアジトはいずこ?? | トップページ | 太王四神記・高句麗鍛冶屋村への旅 その1 »