愛するときに話すこと、リベンジ編。

以前紹介した、ハン・ソッキュ主演映画『愛するときに話すこと』の主要ロケ地の薬局。

ちょうどそのときカメラの調子が悪くなり、せっかく(ネンザして痛む足を引きずりながら)行ったのに、心霊写真モドキしか撮れなかった、という因縁の場所です。

せっかく行ったのに…(涙)って泣きたい気分だったので。

先日韓国に出没したさい、しっかりとリベンジしてきました(笑)

もちろん今回は足もカメラも無事な状態での出没です。

薬局(跡)の前の通りの、銀杏並木はすっかり葉を落としていました。Dsc05700 

 

 

 

 

撮影当時、ここはちゃんと薬局だったらしいのですが、その後廃業してどこかの会社の倉庫(兼事務所?)になったみたいです。

もちろん今でも、そのままでした。Dsc05708

 

 

どことなく、八月のクリスマスの写真館跡(@群山)を思い出してしまう、シャッターの下りた店先です。Dsc05704 

  

 

 

まあ、例の写真館とは違い、ここはビルの一階部分なので、今すぐ取り壊される、ってことはないと思われます。Dsc05710

 

 

 

おまけ。

この薬局(跡)近くで見つけた、謎のオブジェ。

これっていったい…???Dsc05685

 

 

 

愛するときに話すこと [DVD] DVD 愛するときに話すこと [DVD]

販売元:ジェネオン エンタテインメント
発売日:2008/02/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0)

大江戸タイムトラベル

皇居東御苑に行ってきました。

現在、東御苑として一般公開されているエリアは、江戸時代は江戸城の中心部分でした。Dsc06837_2

 

  

 

3箇所の門が開放されていますが、この日、きまぐれかもめはその中の1箇所、「平河門」から入りました。

実はこの平河門、またの名を「不浄門」とも呼ばれていて、江戸城内で罪人や死人が出た場合、この門から城外へ出されたんだそうです。

忠臣蔵でおなじみの浅野内匠頭も、松の廊下事件のあと、この門から退出させられたそうです。Dsc06849_2 Dsc06845_2 

  

  

 

入ってしばらく行くと、江戸城の天守閣跡があります。

明暦の大火で全焼し、それ以来再建されることはなかったとのことで、現在は土台の石垣のみ残されています。

天守閣があったころはどんな感じだったのかな、って想像するだけでちょっぴりわくわくしてしまいます(笑)Dsc06862_2Dsc06855_2

 

 

  

江戸時代には天守閣以外に高い建物はなかったので、当時、最上階から見る景色は絶景だったんでしょうね。Dsc06865_2

 

  

 

天守閣跡のそばには、香淳皇后の還暦を記念して立てられた音楽堂があります。 Dsc06858_2Dsc06861_2  

 

 

 

 

  

さらに奥に進むと、忠臣蔵でおなじみの松の廊下の跡があります。Dsc06878_2Dsc06879_2 Dsc06880_2  

 

 

 

 

今は何もない芝生広場ですが、江戸時代にはここに本丸や大奥がありました。

大河ドラマでおなじみの篤姫や和宮もここに住んでいたのかな、なんて思うと何か不思議な気分です。Dsc06882_2   

 

  

  

東京のど真ん中とは思えない、静かな場所で、しばしタイムトラベル気分を味わえる、都会のオアシスでした。

NHK大河ドラマ 篤姫-総集編-DVD-BOX NHK大河ドラマ 篤姫-総集編-DVD-BOX

販売元:アミューズソフトエンタテインメント
発売日:2009/03/13
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0)

太王四神記・高句麗鍛冶屋村への旅 その3

久しぶりの更新です(汗)

まだまだ続く、高句麗鍛冶屋村の話…。

今日紹介するのはコムル村のセットです。Dsc09653

 

 

 

 

 

玄武の守り主である、ヒョンゴたちが住んでいたところです。

たぶん、いろいろな場所で撮影したものを、うまく編集して組み合わせてあるとは思うのですが、実際にこの場所にたってみると、かなり狭いことに驚きました。 

 

ドラマの中でたびたび登場した、特徴的な形のテーブル。Dsc09659 

 

 

 

4つの神器を隠していた秘密の部屋入り口。Dsc09665 

 

 

 

 

 

中身はこんな感じ。かなり暗くて狭いです(汗)Dsc09670 

 

 

 

撮影のとき、ここにある椅子の一つに、ペ・ヨンジュンが実際に座ったそうです。

もちろんその椅子は日本人観光客に大人気(笑)Dsc09661 

 

 

 

コムル村セットのすぐそばには、ドラマにたびたび出てきた謎のあずまや(?)もあります。Dsc09684

  

 

 

太王四神記 オリジナル・サウンドトラック Vol.2(DVD付) 太王四神記 オリジナル・サウンドトラック Vol.2(DVD付)

アーティスト:久石譲,ジュンソ,東方神起
販売元:エイベックス・トラックス
発売日:2008/01/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

| | コメント (0)

太王四神記・高句麗鍛冶屋村への旅 その2

高句麗鍛冶屋村の話、続き。

ヨン様岩を見て、急な階段を下って、足をがくがくさせながら(汗)いよいよ鍛冶屋村へ。

ここが入場券売り場兼事務所兼資料館の建物です。ここで入場券(大人3千ウォン≒250円)を買って、中に入ります。Dsc09574

 

 

 

その前に、この建物の2階にある「高句麗資料館」で、高句麗についていろいろ勉強してから行くと良いらしいのですが…。

残念ながら、資料館の展示の説明は韓国語&英語…(汗)

きまかも程度の語学力では、良くわかったようなわからないような…。

 

券売所のすぐそばには、こんな記念撮影用の(?)ベンチもありました。Dsc09575 

 

  

 

いよいよ鍛冶屋村内部へ…。

場内には太王四神記OST(久石譲作曲)がエンドレスで流されているので、ドラマの中に入り込んだような気分を味わうことができます。Dsc09578

 

 

 

  

 

急な階段を上ると、そこにはドラマの世界が…。

ここは、セットとはいえかなり本格的に作られています。

チャングムパークのカキワリ王宮セットとは違って、高句麗時代の建て方をできるだけ忠実に再現したんだとか。

良く見ると、土壁にも細かな装飾が施されていたりするのです。Dsc09585 

 

  

 

 

 

ここにはいろいろなセットがありますが、まず紹介するのが、このテーマパークの名前の由来にもなった「鍛冶屋セット」

男勝りの刀鍛冶の名工、パソン姐さんの工房です。Dsc09587Dsc09607

  

 

 

 

 

工房というよりも、要塞といった方が似合いそうな、がっしりとした建物です。Dsc09612  

 

 

 

奥のほうには鉄を溶かす炉が見えます。Dsc09613 

 

 

 

この工房には大きな水車があり、ちゃんと動いています。この水車に取り付ける歯車を調整すれば、実際に刀を鍛えることができるんだとか…。Dsc09643Dsc09624

   

 

    

 

工房内部には、無造作に鉄器いろいろが置かれています。

撮影用の小道具だったのでしょうけど、本物の鉄器です(笑)

持ってみるとずっしり…。

もちろんお持ち帰りは厳禁ですが、手にとって記念撮影程度ならOKみたいです(爆)

実はきまかもも、刀を持って記念撮影してしまいました。Dsc09633 Dsc09620

 

 

 

工房の一番奥にある炉では、本当に鉄を溶かすことができるようになっています。Dsc09634 

 

 

 

ふいご(もちろん本物)もありました。Dsc09629Dsc09638 

 

 

 

chick鍛冶屋村の話、続く。

 

太王四神記 オリジナル・サウンドトラック Vol.1 太王四神記 オリジナル・サウンドトラック Vol.1

アーティスト:TVサントラ
販売元:エイベックス・トラックス
発売日:2007/12/12
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0)

太王四神記・高句麗鍛冶屋村への旅 その1

ヨン様こと、ぺ・ヨンジュン主演で話題になった、ドラマ「太王四神記」

国内城(クンネジョウ/高句麗の王宮)でのシーンは、済州島に巨大オープンセットが作られて、そこで撮影されたそうです。

だけど、パソンの鍛冶工房やコムル村などの、一部のシーンはソウル近郊のオープンセットで撮影されました。

とゆーネタを仕入れたので(笑)

早速そこまで出没してみたきまぐれかもめです。

 

「ホテリアー」や、「春のワルツ」でおなじみの、シェラトンウォーカーヒルホテルの裏手の山にあります。

住所的にはソウル市ではなく、隣の九里(クリ)市になります。

 

東ソウルバスターミナルのある、地下鉄江辺(カンビョン)駅からバスに乗って約10分ほどで到着です。日本人観光客のため(?)看板にはちゃんと日本語表記もありました(笑)Dsc09511

 

 

 

さらにバス停から(山道を)しばらく歩くと、この高句麗鍛冶屋村にたどり着くことができます。Dsc09541       

 

 

 

道端には、高句麗の旗が飾ってあったりして…。Dsc09542

 

 

 

本当にこんなところで大丈夫なの?って不安になりそうな山道を抜ければ、やっとお目当ての鍛冶屋村が見えてくるのです。Dsc09547

 

 

 

 

 

きまぐれかもめが行った時は、まだまわりの駐車場などが工事中でした。

架設の橋を渡っていかないといけないのが少し怖かったりして…。Dsc09548 

 

 

 

 

この、鍛冶屋村セットの周辺には、実際に高句麗時代の遺跡があるそうです。Dsc09572 

 

 

 

  

セット近くの山の岩肌には、不思議なものがあるそうなので、急な長い階段を上って展望台まで行って見ることにしました。Dsc09551  

 

 

 

 

 

その、不思議なものとは「ヨン様岩」Dsc09553      

 

 

 

 

この場所に鍛冶屋村のオープンセットを建て、撮影を開始した頃に発見されたそうです。

「あれってタムドク(ペ・ヨンジュン)に似ている」といわれるようになり、名づけて「ヨン様岩」Dsc09555 

 

 

 

そういわれてみれば、似ているような、でもあまり似ていないような…???Dsc09558 

 

 

 

展望台からは、漢江を望むことができます。  Dsc09565 

 

  

 

太王四神記 ナビゲートDVD 太王四神記 ナビゲートDVD

販売元:エイベックス・トラックス
発売日:2007/06/20
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

| | コメント (0)

HEROのアジトはいずこ??

先日、 外島にいけなかった、巨済島ツアーの顛末を紹介しましたが…(涙)

外島にはいけませんでしたが、ちゃんと釜山の市内観光は満喫しました(笑)

もちろん、定番観光スポットである釜山タワーにも登ってきました。Dsc05303

 

 

 

 

 

で、釜山タワーから、市内の住宅街を見下ろしてみたところ…。Dsc05292

 

 

 

たぶん、この、山肌にへばりつくように建っている住宅群のどれかの家が、キムタク主演の映画「HERO」に登場したアジトでは?って思いました。

キムタクと松たか子が、事件の証拠品である車を探して、麻薬密売組織のアジトを探す、というシーンに登場した、急な階段のある住宅街です。

同じような住宅街は何ヶ所もありましたが、ここなら釜山駅からも釜山港からも近いから、撮影するのに便利かな?なんて、勝手な想像です(笑)

もしかしたら、キムタクと松たか子が、この街を歩いたのかも…(←別にきまかもはキムタクのファンではないですが…)

 

おまけ。

釜山タワーがある、龍頭山公園の李舜臣将軍像の足元は、鳩たちのくつろぎ場所になっていました(笑)Dsc05305

 

 

 

HERO 特別限定版(3枚組) [DVD] HERO 特別限定版(3枚組) [DVD]

販売元:東宝
発売日:2008/03/08
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0)

巨済(コジェ)島まで行っては見たものの…

このブログは「きまぐれかもめの韓国雑記」 とゆータイトルです。

でも、このところずーっと、韓国ネタから離れてばかり(汗)

これで「韓国雑記」だなんてサギやんけ~annoyなんてツッコミが入りそうなので(?)久しぶりの韓国ネタなど。

 

先日、きまぐれかもめは、釜山まで行ってきました。

冬のソナタの最終回のロケ地「不可能な家」のある、外島(ウェド)に行くのが、目的のひとつでした。 Dsc05190_2

 

 

外島へは、釜山から船に乗って巨済(コジェ)という島にいったん渡り、さらにそこから遊覧船に乗って行きます。

とゆーわけで。

まずは釜山の国内客船ターミナル(←関釜フェリーや高速船ビートルが着く国際客船ターミナルとは別の場所)に行き、巨済島まで行きました。Dsc05185_2

 

 

 

切符を買って、お弁当を買って、いそいそと船に乗り込んで…とまあ、そこまでは順調でしたship

Dsc05187_2 

 

 

近未来的な雰囲気の、客船ターミナル。ここを通って、船着場まで行くのです。Dsc05196_2 

 

 

 

高速船に乗って、いざ出発!Dsc05198_2

 

 

 

でも、実はきまかも、非常に船に弱い体質なんですよね~shock

船が出発して、港を出たとたんに軽い吐き気が…(汗)

もちろん、船酔い対策としてしっかりと酔い止め薬を持参していたので(笑)

薬を飲んだらあまり揺れは気にならなくなり、船酔いも無事おさまりました。

 

そんなこんなで、無事巨済島に到着し、客船ターミナルの片隅にある観光案内所(日本語可)で、外島への行き方いろいろを聞いたところ、衝撃の事実が…bomb

 

外島は現在改修工事中で、島への上陸はできません。とのこと…。

 

しかも、ご丁寧に、きまかもが行った日までが工事期間で、次の日からは上陸できる、なんてできの悪いコントみたいなオチ付き…(涙)

あまりにもショックだったので、外島行きの遊覧船を眺めながら、映画『シュリ』ごっこをしてしまいました(笑←ヤケ気味に)

もちろんBGMnotesは「When I Dream」Dsc05227_2で。

 

 

 

穏やか過ぎる港の風景が、むなしさをいっそう引き立てます(苦笑)Dsc05223_2 

 

 

 

本当は、ここから船に乗って外島に行くはずだったんですけど…。Dsc05257_2   

 

  

 

仕方ないので(?)港近くの刺身のお店で、ひらめの刺身を食べて帰ってきました…。

いけすには大きめのひらめがたくさん泳いでいます。

Dsc05249_3

 

 

 

ちなみにこれでも小サイズ…。一見したところ少なそうに見えますが、かなりの量があって、食べきるのは大変でした。 Dsc05241_2

 

 

 

結局、外島へは行けず、ひらめだけ食べて帰ってきた、船の旅でした(涙)

いつの日か、冬ソナ不可能な家の旅・リベンジ編をお送りできれば、って思っています。

 

冬のソナタ スタンダードBOX [DVD] 冬のソナタ スタンダードBOX [DVD]

販売元:VAP,INC(VAP)(D)
発売日:2008/11/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0)

悲しい真実。

南大門が焼失したその後、初めて韓国に行ってきました。

ニュースで繰り返し南大門が焼けおちる映像を見ましたが、どうしてもその事実を受け止められなかったきまぐれかもめです。

あの映像は良くできたCG映像で、全世界に向けて発信された大がかりなドッキリ映像だ、なんて思い込みたいような、事件でした。

ですが。

実際に韓国に行き、南大門に行ってみたら…。

周りを塀で囲まれた、無残な姿な南大門がそこにありました。Dsc06679Dsc06673

 

 

 

塀の一部が透明なアクリル板になっていて、中を覗き込むことができます。Dsc06671

 

 

 

その中にあったのは、鉄パイプの足場に囲まれた、優美さのかけらもない無残な南大門です。Dsc06665

 

  

やっぱりあの放火事件は本当にあったかなしい出来事なのでした。 

 

在りし日の南大門。Dsc06545

07年の12月に行った際に写したものです。

それから2ヶ月後にこれが失われてしまうなんて…。

| | コメント (0)

八月のクリスマスを訪ねて~群山の旅

Dsc08398

 

 

 

 

昨年の暮れに韓国を旅行した際、ずーっと行ってみたいと思い続けていた群山という地方都市まで足を伸ばしてきました。

ソウルから高速バスで約3時間かかるところまで何をしに行ってきたかというと…。

目的は、毎度おなじみのロケ地めぐりです(爆)

きまぐれかもめが韓国にはまるきっかけになった映画『八月のクリスマス』のロケ地があるのが群山です。

映画の設定では、物語の舞台はソウル市内のとある町、ということになっていますが。

実際は少し昔の風景を求めて、全羅北道の群山で撮影されたのです。

 

その、八月のクリスマスファンにとっては聖地ともいえる街に、思い切って行ってきました。

本当はもっと韓国語が上達してから行こう、って思ってたのですが、きまぐれかもめの韓国語は上達するよりも退化するほうが激しいので(爆)

これ以上韓国語が劣化しないうちに、行くことにしたのです。

 

で。実は群山の旅を自慢したくてしょうがなかったきまぐれかもめは、ソウルナビという韓国の観光情報サイトに旅行記を投稿してしまいました(笑)

投稿した旅行記は採用され「八月のクリスマスを訪ねて」というタイトルで掲載されています。

群山の旅の詳細はこの記事をどうぞ。

 

映画の中で効果的に使われた小学校(群山西小学校)には、「八月のクリスマス撮影記念」の碑がありました。Dsc08274 

 

 

 

制作されてから10年近くたつ作品なのに、いまでも愛され続けているみたいです。 

 

八月のクリスマス [DVD] 八月のクリスマス [DVD]

販売元:キングレコード
発売日:2005/05/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0)

定点観測ふたたび。

なぜか韓国に行くたびに、必ず出没する新村駅周辺

新村駅周辺の定点観測がきまぐれかもめの趣味になってしまっているようです(笑)

もちろん今回の旅でも、しっかり出没してきました。

以前紹介した時と比べると、また少し街の風景が変わっていました。

 

国鉄新村駅の旧駅舎ですが…。

相変わらず、そばに近づけないようになっていました(涙)

いったいここはどうする予定なんでしょうか…?Dsc06956Dsc06957 

 

 

 

新村駅隣のミリオレ前には謎のオブジェが…(笑)Dsc06963  Dsc06959 

 

  

 

ドラマ「美しき日々」に登場した風景(新村駅前の道)だけは変わっていません。

でも、ドラマに出てきたベンチは、とっくの昔に消えてしまいました…。 Dsc06955

 

  

 

映画『猟奇的な彼女』に登場したプテチゲ店はまだ健在です。 Dsc06969

 

 

 

でも、プテチゲ店の向かい側の歩道のそばにあった、古い家が密集していた一角は、再開発されて公園になってしまいました…。Dsc06968Dsc06971 

 

 

 

国鉄旧新村駅舎、国鉄のガード近くの古い家、シンナラレコード、グランドシネマ…。

新村周辺の目まぐるしい変化に、少しさびしさを感じてしまったきまぐれかもめでした。

 

延世大のキャンパス(特に奥のほう…)はあまり変わっていませんでしたが(笑) 

 

猟奇的な彼女 ディレクターズ・カット特別版 猟奇的な彼女 ディレクターズ・カット特別版

販売元:アミューズソフトエンタテインメント
発売日:2005/01/28
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0)

より以前の記事一覧